外資系企業とは

外資系企業と聞くとあなたはどんなイメージを持っているでしょうか。おそらく多くの方は、「実力主義」「クビになりやすい」「かっこいい」など、プラスとマイナスのイメージが混在しているのではないかと思います。
日系企業と比べて外資系企業は、出世の機会が比較的男女平等。女性管理職が2割以上いる企業も、日系企業が11.9%に対し、外資系企業は29.8%にのぼります。そして、若手でも裁量が大きい企業が多いという特徴があります。例えばある外資系メーカーに務める社員は、「新卒1年目からブランドの立ち上げに関わった」といいます。
また成果(実力)主義であると言うのも事実であり、外資系企業コンサルタントでは「昇進するか、さもなければ会社を去る」という、シビアな雇用状態である企業が多いです。とは言え外資系でも、ベイン・アンド・カンパニーやA.T.カーニーなど、人材育成に時間をかける企業もあるので、社風に依存する面が大きいです。

外資系企業コンサルタントの比較

当サイトでは外資系コンサルタント企業3社をピックアップしたいと思います。

  1. マッキンゼー・アンド・カンパニー
  2. アクセンチュア
  3. EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング

次に、外資系の中でも高い人気を誇る外資系企業コンサルタントの比較をしたいと思います。
まず、外資系企業コンサルタントでも戦略系では「マッキンゼー・アンド・カンパニー」が、総合コンサルティングでは「アクセンチュア」、会計系では「KPMG」が、学生が就職したい外資系企業コンサルタントのトップに輝いています。
戦略系コンサルタントの「マッキンゼー・アンド・カンパニー」はアメリカに本社を構え、多くのトップ企業にコンサルを行うトップ企業です。グローバル全体では米国・欧州・アジア・南米・東欧など世界60カ国に120ヶ所以上の支社を持ち、年間1,600件以上のコンサルティング・プロジェクトを手掛けています。
総合コンサルティングの「アクセンチュア」は、5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する総合コンサルティング企業です。現在53カ国200都市において、電子情報システムの開発と統合のサポート業務のコンサルを行っています。