マッキンゼー・アンド・カンパニー

https://www.mckinsey.com/jp

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、上場企業をはじめとして、非公開企業、政府機関にもコンサルティングサービスを提供しています。日本の将来の成長を担う自動車、ハイテク、金融、医薬品といった産業を中心に、グローバル体制を反映したプロジェクトチームによって、戦略立案やサプライチェーンマネジメントなどに幅広い知見を提供しています。
マッキンゼー・アンド・カンパニーの戦略グループは、あらゆる主要産業の企業の戦略、例えば、事業部門や全社、成長、イノベーションなど、顧客にとって最優先の戦略的課題の解決に向けた支援を行っています。戦略グループは日本で最も急速に成長しているサービスラインのひとつで、業種別および機能別の両グループと密に連携しており、またマッキンゼーの世界的なネットワークとも深く結びついています。た、日本企業と海外企業の双方に向けて、強力で効果的な価値最大化のためのポートフォリオ戦略の開発と実行を支援しています。

知見と洞察を生かして

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、マッキンゼー・アンド・カンパニー特有の知見と洞察を生かして、どの市場で、どういった戦略をとれば最高の競合優位性を築けるのかを顧客企業が把握できるよう、支援を行っています。その一例が「イノベーション・アット・スケール」。これは持続的なイノベーションをもたらすプロセスと遂行能力の構築に向けた、マッキンゼー・アンド・カンパニーの独自のアプローチです。
日本の顧客企業に対しては、世界中の広大かつ複雑な市場(成熟市場および新興市場)で追求している「粒度を上げた緻密な分析による成長戦略」をサポートし、多国籍企業に対しては、日本で成長するために最適なセグメントとビジネスモデルの開拓を支援しています。
日本におけるマッキンゼーの戦略グループは、あらゆる主要産業の企業の戦略、例えば、事業部門や全社、成長、イノベーションなど、顧客にとって最優先の戦略的課題の解決に向けた支援を行っています。